家造りの流れ

原田建設が考える家造りとは

家が建つまでには様々な工程があります。設計、デザイン、法律など、専門的な知識が必要な場面も多く、当社ではお客様にわかりやすくご説明差し上げながら、ご一緒に家造りのプロセスを体験して頂いております。

  1. 無料

    ご相談・お見積りは無料!まずは、ライフプランや思い描かれているイメージをお聞かせください。

    プランシートをお渡しします。お子様を含め、入居されるご家族全員の意見を出し合ってご記入ください。初めから無理だと諦めないでご要望をお聞かせください。お客様の理想の暮らしや住まいへの夢、ご趣味などもお聞かせください。家作りのプロとしてさまざまなご提案をさせていただきます。

    プランシートはWEBサイトからもご記入いただけます。

  2. 無料

    土地をお持ちの場合

    敷地を効果的に活用するために 敷地の形状、高低さ、近隣の状況などの調査を行います。敷地内にライフラインがあるかどうかによって資金計画にも影響しますので早めの調査が大切です。

    土地をお探しの場合

    土地探しのお手伝いもいたします。ご要望に合った土地を一緒にお探しします。

    候補地が見つかったら・・・
    いろんな時間帯に行ってみましょう。時間帯によって、交通量が違います。近隣のお家の影がどこまでかかってくるのかがわかります。また、晴れの日だけでなく、雨の日にも行ってみましょう。その土地の水はけの良し悪しがわかります。

  3. 無料

    お客様に最適なプランをご提案します。

    お客様からお聞かせ頂いたことや土地の調査などから、お客様のニーズに合ったプランをご提供しお見積もりを提出させていただきます。

  4. ご提案内容に納得いただければ、ご契約させていただきます。

  5. インテリアやエクステリアなど、家の見た目や性能に関することを決めます。

    キッチンやバスなどの住宅設備から床の色や壁紙まで、ひとつひとつ決めていくのは大変ですが、楽しい時間でもあります。 具体的なイメージを伝える為に、雑誌の切り抜きなどを用意するのもいいでしょう。

  6. その土地で住まいとご家族が末永く安全に暮らせるよう、地鎮祭を行います。

    その土地の神主にお祓いをして貰います(省略する場合もあります)。工事の始まりですので、ご近所への挨拶もこの時期に行います。

    家の土台を作る基礎工事が始まります。

    木造の場合、地盤が良好な土地に行われる「布基礎」とやや軟弱な地盤に使われる「ベタ基礎」があります。

  7. 建物が無事に完成することを祈って上棟式を行います。

    棟上げ(むねあげ)や建前(たてまえ)とも言い、棟木を上げ終わった当日に行う儀式です。これが終わると大工による木工事が始まります。

  8. いよいよ家づくりの始まりです。

    屋根・外壁・配管・配線・内装・建具・造作など順番に工事が進んでいきます。

  9. 念入りに竣工検査を行います。

    工事責任者、設計者、施主が立ち会って行う引渡し前の最終検査です。キズや汚れがないか、床にきしみがないか、設備の不具合はないか建具の開閉、水の出具合など細かくチェックして、不具合があればすぐに対処します。竣工検査での補修・改善工事が済めば、いよいよ引渡しです。

    手続きが済んだら、付帯設備の保証書・取扱説明書など関連書類も合わせて鍵をお渡しします。電気・ガス・水道、電話などが開設できたら入居です。