洲本市K様邸新築:木工事 番外編3

2014年5月31日

現場レポート

暑いですね!現場での作業が大変ですが、がんばっていきます!

5月29日(大安吉日)に棟札を付けさせていただきました

棟札は、建物の建築・修築の記録・記念として、棟木・梁など建物内部の高所に取り付けた札のことです。木の札に記して5円玉を上下にはさみ、釘で打ち込んでいます。ちなみにこの5円玉はピカピカに磨き上げられていました!

ボードで蓋をするので見えなくなってしまいますが、時が経ってまた改めて見る日がきたときのために、記録として残るということは日本ならではの風習なのですね!

次回もお見逃しなく!