神戸市T様邸 サッシ最終確認

2013年1月15日

現場レポート

2013年1月15日。

棟上げの翌日、施主様と現地にてサッシ、住宅設備の最終確認です。

隣家の窓の位置や中から見える風景なども考慮しながらサッシ一つ一つ位置を確認、透明ガラスか型ガラスかの最終確認も行いました。

初めて2階に上がられて

「バルコニーが思っていたより広くてびっくり。」とT様。

このバルコニーはT様がとてもこだわっていらっしゃった部分で

2階LDKとガラスで仕切られたL字型のバルコニーです。

この物件の設計士 一級建築士事務所 作人(さくっと)さんは

LDKとバルコニーが一つの空間に見え、また外からの視線が気にならずゆっくりとくつろいでいただける様、さまざまな工夫をしてくださっています。また追い追いご紹介させていただきますが、一番楽しみな部分です。

 そしてもう一ヶ所、この物件の特徴となっているのが子供室です。

この子供室はLDKから見ると1m30cmほど浮いていて、下が収納になっています。子供室、収納とも壁がなく必要に応じて施主様が布等で仕切る予定。LDKはこのベランダと子供室で実際の広さよりも視覚的にもっとゆったりとした空間になるよう工夫されています。