西宮市K邸建替:内部状況

2017年3月6日

現場レポート

暖かくなってきて、春が近づいてきましたね。

朝晩はまだ冷え込みますので、油断してはだめですよー!

さて、K邸もいよいよ大詰めを迎えております。

内部の状況です。グレーの壁板は左官下地です。この上から土佐漆喰という、

石灰とすさと水で出来た漆喰を塗っていきます。出来上がりが楽しみですね!

2階へ続く階段の力桁は、鉄工所さんで作ってもらいました。

この写真は、和室の床柱を決めているところです。香節丸太(こぶしまるた)といいます。

その名の通り香りがする丸太なのですが、おとなしい香りが漂い和室にピッタリです。

和室の天井はヨシベニヤという天然の天井材を使用しています。

こちらも完成がどのようになるか楽しみですね。