(仮称)下堺の家:基礎工事

2018年10月19日

現場レポート

地盤調査から地盤改良、基礎工事まで着々と進んでおります。

地盤調査は建物の大きさにもよりますが、5ポイント(4隅+中央)計測により地盤がどの程度の硬さなのか調べます。今回は田んぼ側の2ポイントの地盤が不安定だったので改良することとなりました。

掘削しながらセメントミルクを流し込み、柱状で安定した地盤まで支えています。

建物全体をたくさんの柱で支えるようなイメージです。

基礎の形状に合わせて掘削し、砕石を敷いて締め固めていきます。

柱状改良の天端は捨てコンクリートの下端までいくようにします。

捨てコンクリートが完了しました。ここから鉄筋配筋、型枠、コンクリート打設を経て基礎を作っていきます。