塩屋町の家

物件概要

クライアント

  • I様

データ

  • リフォーム
  • 住宅
  • 2階建て
  • 木造
  • 平成24年12月
  • 設計:設計:天野建築設計工房              天野 拓夫

現場レポート

  • 外壁はリシン吹付と一部ガルバリウムのタテハゼ葺(ニスク:色ギングロ) 雨戸板のセランガンバツがアクセントになっています。

  • 玄関扉(セランガンバツ) :ポーチと土間はコンクリート平板を敷いています。

  • 玄関ホール:天井は栂材 床は東洋石創のキャステロというタイルです。真っ白な中に天井、階段、勝手口のウォールナット色で重厚感があります。

  • 寝室:床材に杉を採用しています。裸足で歩いた時の足触りと温かさが魅力です。

  • 子供室:カウンターと収納、ロフトベッドが効率よく配置されています。将来子供さんが独立された後は2部屋ある子供室の間仕切りや収納家具が取り外し可能。一つの大きな居室になります。

  • 2階LDK:ダイニングテーブルは効率よく配置する為 造作家具になっています。キッチンと階段スペースの上部には小屋裏収納があり限られたスペースを最大限に生かしています。階段スペースとの間仕切りがアクリル板になっていて階段の照明をつけると行燈のようにリビングを照らします。

  • リビングからつながるベランダからは海が望めます。

  • ベランダとリビングの間は幅2500の3枚引違いサッシ。開けると一体となって解放的な空間になります。